スポンサーリンク

【六本木】V2

女性に人気のマッチングアプリ

六本木 V2の評価

トータル満足度 ★★★★★ 星MAX
ナンパの多さ  ★★★★★ 星MAX

数多く存在する六本木のクラブの中で、一番人気を誇るV2(旧バニティ)。

ナンパ箱としても有名なV2は、『東京ミッドタウン』から歩いてすぐの場所にある。

週末で遅い時間だと1時間待ちになることもあり、こんなに行列ができるクラブは珍しいのではないか。

行列を並んでようやく中に入り、まず目にするのは、床一面にライトアップされた通路。

その周辺にはリッチなデザインで彩られている。

v2のデザイン

受付を済ませてから階段を降りると、『メインフロア』に繋がっている。

メインフロアは縦長に広く、前の方に進むとDJブースが見えてくる。

フロアの左右にはバーカウンターとVIP席があり、天井を見上げると筒抜けでかなり広い。

上の階からショーダンスをしてるパフォーマーも見かける。

注意
2018年10月から、V2の場所がロアビル⇨TOWER OF VABEL(タワーオブバベル)に移転してます。

久しぶりにV2へ行く方はお間違いなく!

詳しくは本記事に掲載されてる地図をご覧ください。

六本木 V2のエントランス料

  • 月〜木曜

    男性:2000円+1D/女性:入場無料

  • 金、土、祝前日

    男性:3500円+2D/女性:入場無料

補足

大物DJが訪れるなど特別な日は料金が変更になることもあります。

V2 入場までの流れ

セブンイレブンとR2の前に、『タワーオブバベル』というビルがある。

ビルの前にセキュリティが指定する場所があり、その列を並ばないと入れないようになっている。(VIPは優先入場可能)

並んでしばらくすると、その場でIDチェック、ドレスコートの確認をされて中に入る。

中の受付で料金を支払った後に、ロッカーへ荷物を預ける。

それからようやくフロアの中へ。

バーカウンターはメインフロアの後方横にある。

DJブース付近にお立ち台があり、女性はその上で踊ることができる。

さらにDJブースの先は鏡張りのVIPルームになっている。

DJと同じ目線でメインフロアを見渡せるので、お金に余裕のある方は是非VIPを利用してはいかがだろうか。

ちなみにタワーオブバベルというビルの中にはV2の他、『VILLA東京』というクラブが入っている。

V2もVILLAも自由に行き来出来るということで、興味のある方は覗いてみよう。(詳細は以下記事)

【六本木】VILLA TOKYO (ヴィラ東京)

2018.10.16

六本木 V2の詳細

店名

V2 TOKYO

ジャンル

ALLMIX・EDM

住所

東京都港区六本木7-13-7 TOWER OF VABEL 1F/B1F

電話番号

03-5474-0091

営業時間

22:00〜5:00

定休日

無休

収容人数

700人

1drinkの価格

コップ系700円/ビン系900円

公式HP

V2公式ホームページ

公式フェイスブック

V2公式フェイスブック

公式ツイッター・インスタ

V2公式ツイッター

V2公式インスタ

六本木 V2の注意点

V2に行く際、注意しておく事かある。

V2はドレスコートや身分証提示に厳しい。

男性は短パンやTシャツ等、素肌が見えるような服装はNG、顔付き身分証がないと入れないというのがあるので気をつけたほうが良い。

それから入り口を通過して中に入っても、男性はセキュリティやスタッフから粗末な扱いを受けやすいということも覚えておこう。

少し壁に寄りかかってても注意してくるし、何か理不尽なことがあっても正論が通らないというケースもよくある。

VIPを取る以外の男性はなるべく終始スマートな振る舞い、格好をするのが一番良いと思う。

しかしこういうマイナス要素を考慮しても、魅力的な箱であることは間違いないので、まだ行ったことがない人はぜひ足を運んでみる価値はある。

六本木 V2の体験レポ

筆者は半年に一回くらいV2に訪れており、週末の様子を私なりに感想を述べる。

週末にV2へ行く場合、遅くとも1時前に入らないと行列で長く待たされることになる。

VIPを取れば中へ入れるが、私は一般入場であるため毎回23時台に入るようにしている。

週末で23時台となると、さすがのV2とはいえフロア内がやや少ない。

0時過ぎた辺りからだんだんと人が増えてきて、1時台にはメインフロアがパンパン状態に!

V2の男女比率は6対4くらいで、年齢層は20前半〜20後半が多い。

とはいえ社会人が多いので男性で大学生だとナンパする際に少し浮きやすい。

V2はナンパが多いが、女性は社会人男性を好むという印象があるからだ。

V2スタッフの対応は相変わらず悪く、女性やVIPには優しく男性はゴミ扱い。

これは一般入場で入った男性客が皆、『対応が悪い!』と不満をこぼしているのだ。

とはいえ女の子の質は本当にレベルが高いため、V2をリピートする男性客は非常に多いのが現状である。

V2来店レポート(2017年7月土曜日)

23時台にはすでにV2前に若干行列が出来ていたため、23時30分頃には並ぶことになった。

久々V2に行って感じたのはやはり女の子のレベルが高い!ということ。

V2は女性比率が高く美女が多いクラブで本当にナンパがしやすいということを改めて認識した。

筆者は以下の記事で飲むべきお酒ナンバー1にランキング入りした『ロングアイランドアイスティ』を購入。

クラブで飲むべきお酒の種類ベスト10を発表【クラバーから調査】

2017.07.24

V2ではロングアイランドアイスティを買うとき、エントランス代に付いてくるチケットは使えず現金1000円を支払った。

味は本当に飲みやすく、甘い感じのお酒であった。

気になるナンパ状況であるが、V2に来る男性のほとんどがナンパしている。

女性は20〜26歳くらい、男性は25〜28歳くらいが多い印象。

V2のナンパの反応だが、常連客と思われるきつそうなお姉さん系は割とガンシカが多い。

それ以外のあまりクラブ慣れしてない子、常連だけどノリよくナンパに応じてくれる子、昔遊んでた系女子みたいな系統は比較的ナンパがしやすい。

V2のお立ち台で外人さんが光るカチューシャ、ハンドライト、首輪を配っており女性のほとんどはこれらを身につけていた。

お立ち台の周りでは特に女の子の盛り上がりが活発的である。

V2の地図や周辺環境

知らないとヤバイ!クラブでナンパする3つのデメリットとは?

実はクラブでナンパすると3つのデメリットが発生する。

このデメリットを知らずにクラブナンパすると、痛い目に遭う可能性が非常に高い。

あなたもそうならないために以下の記事で、

クラブナンパするデメリットと対処法をまとめた。

ぜひこの機会にチェックしておこう。

知らないとヤバイ!クラブでナンパする3つのデメリットと解決策

2018.01.29

スポンサーリンク

この記事が参考になりましたらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です