スポンサーリンク

知らないとヤバイ!ナンパスポットで声かけする3つのデメリットと解決策

ナンパのデメリット

女性に人気のマッチングアプリ

可愛い女の子とヤりたいと願う男性の多くは、『ナンパ』を頑張ろうとする。

銀座コリドー街パブリックスタンドなど、いわゆるヤレると噂されてるナンパスポットに行って、必死に声かけするのだ。

しかし実は、ナンパスポットで声かけする事自体が大きなデメリットである。

これから、『ナンパスポットで持ち帰りを狙う3つのデメリットと解決法』をご紹介する。

本記事には、これからナンパに挑む男性にとってものすごく重要な情報が凝縮されてるので、その内容を存分に役立てて欲しい。

ナンパスポットで声かけする3つのデメリットとは?

デメリット1、持ち帰り成功率が1%を切る

僕はこれまで、

  • 400人斬りのイケメンモテ男
  • 低身長ブサメン
  • ルックスも性格も普通の男

など様々なタイプの男性とコンビを組んできた。

その中で分かった事は、一般的な男性がナンパスポットで持ち帰れる確率はわずか1%以下という事実。

顔もトークも普通の人が150人声かけして1人ヤレれば、上手くいった方だ。

LINEゲットだけなら、150人中4人くらいは可能。しかしナンパで番げした子は返信が途切れやすいため、ヤレる子となるとほんのわずかである。

1人ヤるのに最低でも150人以上声かけしないといけないなんて、めちゃくちゃシンドイと思わないだろうか?

ガンシカされるのが快感な人でない限り、精神的に病んでくると思う。

要するに、ヤるだけのために、ここまで労力を使う必要があるのかというのが疑問なのだ。

デメリット2、時間と場所の制約がネック

ナンパ出来る場所の大半は都内にある。(渋谷や六本木など)

ここで問題なのは、わざわざ都内に行かないとナンパ出来ないという点。

地方に住んでる人だと、ナンパスポットまでに片道30分以上掛かるケースが多い。

1%未満のヤレる確率を信じて、わざわざ都内までナンパしに行くのは、かったるいと思わないだろうか?

  • 平日の仕事終わりに可愛い女の子とヤりたい
  • ちょっとした隙間時間にナンパしたい

と思ってる人にとって、ナンパスポットは不向きだと断言する。

そんな苦労するくらいなら、もっと最適な出会いの手段がある。

デメリット3、手強いライバルが多い

冷静に考えてみれば分かる事だが、ナンパスポットで声かけしてる男性の多くは凄腕。

非モテはとても声かけする勇気がないし、仮に出来たとしても、すぐにメンタルが崩壊するのが目に見えてる。

となるとナンパスポットで最終的に残るのは『実力者』だけ。

実際、僕のナンパ仲間で成果を挙げてる人は、イケメンで女慣れしてる人が多い。

結局のところ、ナンパスポットでヤレた人の大半はモテ男によるものだ。

こういった凄腕に匹敵するくらいの実力がないと、持ち帰りするのは難しい。

真面目な話、コミュ力のないブサメンは一瞬でガンシカされて、手応えなしに終わる。

これは一緒にコンビナンパしたブサメンを見てわかった事だ。

【結論】デメリットを解決するには〇〇をやるしかない!

世の中には、

  • ストリートナンパ
  • クラブナンパ
  • 合コン
  • バーナンパ

など様々な出会いがある。

その中でも一番女の子と手っ取り早くヤれるのが『マッチングアプリ』。

マッチングアプリとは、出会い目的の男女が集まったコミュニティの事である。

ではなぜ可愛い女の子とヤりたい男性にマッチングアプリがオススメなのか?

これからその理由を3つ紹介する。

メリット1、持ち帰り成功率95%以上

ナンパスポットにいる子で持ち帰りを意識してる女の子は非常に少ない。だから持ち帰り率が1%を切る。

一方のマッチングアプリはヤレる確率が100%に近い。

アプリ内の検索機能で、『大人の関係』を選択する事で、簡単にワンナイトの女性を見つけれるのだ。

僕のこれまでの実績では、マッチングアプリから出会ってヤれる確率は95%以上。

リアルなナンパの95倍もの成功率がアップしている。これは驚異的な数値ではないだろうか。

メリット2、いつでも隙間時間で活動出来る

ナンパの場合、わざわざナンパに適した場所に行くのが面倒。

マッチングアプリなら、スマホ一台あればどこからでも、女の子にアプローチ可能だ。

  • 会社の休憩時間
  • 家にいる時間
  • 数分の細切れ時間

を使って女の子と繋がれる。

しかもマッチングアプリには、『今すぐ会いたい』という絞り込み機能がある。

会員数が数百万以上のサイトであれば、自宅から近いところで今すぐに会える女性が多数見つかるのだ。

「今日はだれか可愛い子とやりたいなぁ」と思ったら、『検索機能』から探し出せて、30分後でも新規と関係を持てるなんて、最高と思わないだろうか?

これは控えめに言ってめちゃくちゃ便利だと思う。

わざわざ交通費と時間を犠牲にするナンパより、家の近所で完結させる方が何倍も効率化を図れるのは間違いない。

メリット3、ライバルと戦う必要ナシ

ナンパスポットはライバルが多い上に、モテない男性には圧倒的不利。

対して会員数百万以上のマッチングアプリは、ライバルが多くても成功率に影響しない。

中には女性比率が優ってるサイトもあり、女の子を選び放題だからだ。

ナンパスポットはどうしても男祭りになりやすい。

一方のマッチングアプリは、女の子が余る現象が起こる。

なので多少ライバルがいようと問題なし。

またマッチングアプリは、リアルな出会いで成果が出せない男が集まる特徴にある。

誠実なメッセージ文や、丁寧なプロフィールさえ作れば、普通の男でも無双化出来るのだ。

『ワクワクメール』は可愛い女の子とヤレる

僕は『ワクワクメール』というマッチングアプリで、1年に80人くらいのペースで好みの女の子と出会っている。(以下公式プロモーションPV)

ワクワクメールを利用する5つのメリット
  1. 無料登録後に1200円分(120P)の無料ポイントが貰える
  2. トラック・雑誌の宣伝効果により、20代の可愛い女の子が豊富
  3. 掲示板投稿が1日1回無料。女の子のプロフィールは無料で見放題。
  4. 2001年から運営しており、セキュリティ万全。悪質な書き込み、サクラを即ブロックするシステムを導入している。
  5. 累計750万人以上の利用者で、都内のみならず地方でも活気がある。

これだけのメリットが得られて登録無料である。

ワクワクメールの入れ食い状態をぜひ、あなたも体感してはいかがだろうか。

万が一合わなかった場合は秒で退会可能なので、まずは以下のリンクから試してみてよう。

 

 

ちなみにワクワクメール以外にも、『ハッピーメール』『Jメール』も、低コスパで女の子とヤりやすい。各々の特徴は以下表を参考に。

スポンサーリンク

この記事が参考になりましたらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です