クラブナンパでありがちな失敗と対処法1〜6位を発表!

日本を代表する人気マッチングアプリ

定期的にクラブナンパをしているとよくありがちな失敗というのに遭遇する。

その失敗によって苦い思いをするナンパ師が本当に多いのだ。

筆者もクラブナンパでありがちな苦い思いをしてきたうちの1人なので気持ちは良くわかる。

そんな訳で今回はクラブナンパしている人がやってしまいがちな失敗と対処法について語ることにした。

早速全部で6パターンを紹介していくが、クラブナンパをする男性は是非とも最後までご覧頂きたい。

第1位 奢り目的の女をナンパしてしまう

あなたがクラブでナンパした時に女からこんな事を言われたら、すぐに放流(声かけを辞めその場を離れるの意味)するべきだ。

クラブ女
お酒のみたーい♡

もしくは以下の場合。

クラブ女
お酒のもー!♡

「えっ別に問題無いじゃん?」とナンパをあまりした事がない男性ほど思うかもしれない。

しかしこういうセリフを言う女は典型的な奢り目的である。

女の頭の中では『とりあえず奢って貰おう』と考えており、お酒を奢ってしばらくした後どこか消えていくと言うパターンが多い。

奢り目的女への対処法

奢り目的の女は付き合うだけで時間の無駄になり、よほどの凄腕で無い限り崩すのが難しい。

しかも女は奢ってもらって当たり前という考えを持っており、性格が悪いため男性にとってストレスを溜めるだけである。

そんな女への対処法だが、奢り目的は大抵上記の吹き出しにある発言をするパターンが多く、ナンパした直後の返しですぐ見分けがつく。

奢り目的とわかった時点で「他の男に奢ってもらいなよ!」と返し、すぐにその場を離れるのがベストである。

第2位 友達とロッカーが一緒グダ

お持ち帰りするために連れ出し打診した時、「友達とロッカーが同じなんだよね〜。」と断られるケースが本当に多い。

クラブへ行くとき男同士でロッカーを同じにすることはまず無いのだが、女は共同で片方がロッカーの鍵を持っているというパターンである。

そんな状況の時、返しに困るナンパ師が非常に多いのだ。

ロッカーグダへの対処法

自分への食いつきがあればロッカーグダはそこまで難しい壁では無い。

ロッカーグダが発生した時に返すセリフとしては『友達と後でLINEして待ち合わせれば良いでしょ? 2時間だけだから。』『後で連絡すれば良いじゃん、とりあえず外出ようよ。』と言って友達と後で合流を進めるやり方。

もしくはナンパした子の友達に直接会いに行き、『この子借りて良いかな?』と個別に許可を取るパターンもアリだ。

第3位 気が変わる系女

ナンパして自分に食いつきがあると思って会話していたらその女がいきなり別の方に目をそらし、他の男に話しかける。

特にクラブ常連女だと自分と会話している最中にも関わらず、他の男に平気で話しかけるパターンが多いのだ。

それ以外の女でも食いつき良いと思った矢先、別の男の手を繋ぎ始める。

つまり酔っていたり、気がコロコロ変わる面倒なタイプの女だ。

気が変わる系女への対処法

筆者は気が変わる系女に時間を割くのをオススメしない。

なぜなら気がコロコロ変わるような女は中々面倒でストレスを溜めやすいからだ。

ぜひとも気が変わる系女と分かった時点で放流するようにしよう。

第4位 思わせぶり女

思わせぶり女は気が変わる系女と似ているようでまた違う厄介な一面がある。

よくあるのが、『クラブでキスが乗り気でスキンシップに快く応じてくれて食いつきがあったが、お持ち帰りできなかった。』というパターンである。

ディープキスやハグに応じてくれるクラブ女に遭遇すると『この女持ち帰れそう!』と期待するのも無理は無い。

しかしキスは出来たのにいざ連れ出し打診をしたら断られるという、泣く泣くな結果に終わってしまうのだ。

思わせぶり女への対処法

食いつきが良いと思っても、お持ち帰りできるとは思わないことが重要。

たとえディープキスが出来ても連れ出しを断られるケースが多いので、食いつきがあった時には一つ質問を投げかけると良い。

『あと1時間くらいしたら2人でクラブ出てどっか休まない?』と聞いてみる。

そこで明らか否定的な返しをされたらそれはお持ち帰り出来ない確率が高い。

ただその場を楽しみたかっただけの女なのだ。

そこでの対処法はいくら食いつきが良くてもすぐに放流する、もしくは少し粘ってみるのが良いだろう。

第5位 体力グダ

クラブナンパを始めてしばらくは元気でハイテンションなのに時間が経つにつれ、しんどそうな表情をするナンパ師が多い。

これがいわゆる体力グダと言うやつだ。

私の相方でもガタイが良くかなり調子が良さそうなのに、4時過ぎくらいになった途端姿を消す。

そしてLINEを見たら『今日はありがとう!腰痛くなったから帰るわ。』『拙者は体力の限界です。』などと言うギブアップの着信があるケース。

筆者でさえもクラブナンパをしているうちに体力の限界に襲われることがある。

体力グダへの対処法

体力グダへの対処法は事前に仮眠を取ること。

時間がない人はとにかく30分でも良いので仮眠を取ることをオススメしたい。

仮眠にプラスしてやると効果的なのは『薬局やコンビニでエナジードリンクを買う。』『精力剤を飲む』というのも効果的だ。

エナジードリンクに関してはクラブ内でも売っているので、ぜひ体力維持に役立てよう。

第6位 ラブホが空いていない

クラブナンパでようやく連れ出しに成功したがラブホがどこも満室状態というケースがある。

そんな時は精神的にも焦りやすく、女のテンションも下がり気味。

最悪の場合、女が帰ると言い出す。

週末で特に夜中の3時以降はラブホが満室の可能性が非常に高いのである。

ラブホ満室への対象法

ラブホ以外で連れ出しにオススメの場所は、個室満喫、カラオケお座敷シート、レンタルルーム、女の子もしくは自分の家である。

渋谷で連れ出し先に迷っている方は以下の記事を参考にしよう。

ラブホが満室だった場合にオススメの連れ出し先ベスト4【渋谷編】

2017.08.05

まとめ

それぞれのありがちな失敗に対しての対処法のほとんどに「放流」という言葉が目立ったと思う。

でもそれだけ放流するということは非常に重要なことである。

自分にとって都合の悪い女に時間をロスしてしまうのは勿体ないからだ。

クラブの女は見渡せば他にもたくさんいるので、ぜひともナンパでの時間の使い方を見直していこう!

知らないとヤバイ!クラブでナンパする3つのデメリットとは?

実はクラブでナンパすると3つのデメリットが発生する。

このデメリットを知らずにクラブナンパすると、痛い目に遭う可能性が非常に高い。

あなたもそうならないために以下の記事で、

クラブナンパするデメリットと対処法をまとめた。

ぜひこの機会にチェックしておこう。

知らないとヤバイ!クラブでナンパする3つのデメリットと解決策

2018.01.29

スポンサーリンク

この記事が参考になりましたらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です