ナンパで使える裏技!ノンバーバルコミュニケーションとは?

ナンパで役立つ究極のテクニック!ノンバーバルとは?

会話には言語コミュニケーション(バーバル)と非言語コミュニケーション(ノンバーバル)の2つで成り立っている。

普段あなたがナンパで異性と会話する時、総合的にこの2つのコミュニケーションレベルが高いかどうかによってナンパの成功率に関わってくるのだ。

ここで2つのコミュニケーションの意味を以下に説明する。

バーバルコミュニケーションとは?・・・

会話内容や文字情報のこと。

ノンバーバルコミュニケーションとは?・・・

会話している時の表情、仕草、声のトーン、服装のこと。

ところであなたは『マレービアンの実験』をご存知だろうか?

自分がコミュニケーションをした時に相手は会話内容、声のトーン、表情などをそれぞれどのくらいの割合で情報を受け取るのか?というのを実験したのが『マレービアンの実験』である。

その結果、人間は以下の割合で情報を受け取っている事が判明したのだ。

顔の表情・・・55%
声の質(高低)、大きさ、テンポ・・・38%
話す言葉の内容・・・7%

全ての会話がこの割合に当てはまるとは限らないとはいえ衝撃的な結果と言えるだろう。

ナンパする際に異性と話す時、会話内容にこだわりがちだが実際には話す言葉の内容なんて全体の7%しか影響をもたらさないのだ。

そのほかは表情や声のトーン、いわゆるテンションや雰囲気などでナンパの成功率が変わってしまうというわけである。

ノンバーバルコミュニケーションを使いこなすには?

ノンバーバルコミュニケーションをすぐに使いこすのは難しい。

なぜなら暗いコミュ症が急に異性の前で明るくなる、普段声が小さくて弱々しい人が急に人前で堂々と声を張り上げるなどは難しいだろう。

現実的にはたくさん人と話しながら徐々にノンバーバルコミュニケーションをより良くしていくという地道な訓練が必要だ。

ナンパで色んな表情や仕草を試して女性の反応を分析するといった練習をやっていくと良い。

クラブナンパでノンバーバルテクニックを使う場面

クラブナンパをするとしてどんな場面でノンバーバルを使うのかを以下に述べた。

主にクラブで効果的なノンバーバルテクニックを3つ紹介していく。

相手の目を見つめる!

異性と会話する時に女性の目を見つめるというノンバーバルは効果的である。

真っ直ぐ目を見つめる事で女性は男性を異性として意識しやすくなる。

目を見つめるのが苦手という人は相手の鼻あたりを見ると良い。

女性の話を聞いてる最中のリアクションを高めに!

女性は自分の話を興味深そうに聞いてくれる男性に心地よさを覚え、自然と異性に対し好印象を抱くのだ。

女性が話すたびに相づち、リアクションを分かりやすくする。

むしろオーバーなくらいにするのがちょうど良い。

アプローチ直後に興味のない素ぶりをする

女性にボディタッチを適度に入れる事で2人の関係がグッと縮まりやすくなる。

しかし男性が一方的にアプローチをしてしまうと女性は徐々に冷めてしまう傾向にあるのだ。

その為、男性は適度に女性に対し冷たい態度を取る。

反応が良くなって和んだ所で今度は突き放すという仕草をする事で、女性に不安感情を出させる。

その後再びアプローチをして女性の感情を揺らす事が出来れば後はフィニッシュまで持ち込みやすいのだ。

ノンバーバルで女性の食い付きを確かめる!

ナンパする時は毎回女性の目線、仕草、ファッション、素ぶりなど細かい部分をチェックする事。

これらを意識しながら何百人とナンパしていけば、今までのデータが蓄積される。

やがてこの子は脈はあるかないかなど食いつきが一瞬で分かってくる。

よくクラブで女性から食いつきが悪いのにそれに気づかずダラダラと会話を続けてしまい、無駄時間を浪費する男がいるがそれは勿体無い。

女性の食いつきがない時の例として、デートで会話中に女性がアクセサリーをいじりだす。

これは女性が相手の会話に退屈している時にする心理的動作である。

ナンパする時もデートで会話の際にも毎回表情や仕草を観察していくことで女性の見極め方が分かってくるのだ。

まとめ

たとえ同じ会話であっても表情や声のトーンなどで相手の反応が変わる。

それがノンバーバルコミュニケーションであり、表情1つ変えるだけでもナンパの成功率を大きく左右するのだ。

ノンバーバルを使いこなすのは難しいが、一カ月は続けて試行錯誤すればだいぶ変わってくる。

あなたもぜひノンバーバルを意識したナンパをしていこう。

知らないとヤバイ!クラブでナンパする3つのデメリットとは?

実はクラブでナンパすると3つのデメリットが発生する。

このデメリットを知らずにクラブナンパすると、痛い目に遭う可能性が非常に高い。

あなたもそうならないために以下の記事で、

クラブナンパするデメリットと対処法をまとめた。

ぜひこの機会にチェックしておこう。

知らないとヤバイ!クラブでナンパする3つのデメリットと解決策

2018.01.29

簡単にお持ち帰りしたいならネットナンパがダントツでオススメ!

筆者が今まで見てきた限り、ナンパでお持ち帰り出来るような人はズバ抜けてイケメンかコミュ力が高い人である。

もし可愛い女の子と簡単にエッチがしたいというなら「ネットナンパ(ネトナン)」が一番効率的で成功率が高い。

ネトナンは最初から出会い目的の女の子が集まるため、ナンパよりも間違いなくヤレる。

その為、異性とヤリたいならナンパと並行してとりあえずネトナンをやっておくのがベストだ。

しかしネトナンをやるにあたって出会い系サイトに登録したとしても、サクラが多かったり架空請求が来たりあまり良いイメージはないと思う。

確かに業者しかいないような出会い系サイトが多いのは事実だ。

筆者は今まで実に30個以上の出会い系サイトを試してきた。

その中で一番サクラが少なく、無料で可愛い女の子とヤレるサイトを1つ挙げるとしたら間違いなく『ハッピーメール』だ。

ハッピーメールは昔からある出会い系サイトで会員数は実に2000万人以上もいる。

まさに信頼性のある出会い系アプリなのだ。

運営側の規制がしっかりしている為、昔と比べ今ではサクラがほとんどいない。(過去に使った事がある人はサクラのイメージがあるかもしれないが、現時点ではほぼいない。)

会員数が多く有名なので、出会い目的で登録する女の子が本当に多く、驚くぐらい完全に入れ食い状態だ。

なぜこんなにも女の子の会員が多いかというと、都心部などで大体的に宣伝してる影響が大きい。(以下写真)

とはいえ本当に出会えるの?という事で筆者は昔やってたハッピーメールを再び使ってみる事にした。

その結果、たった数日の間に複数の女の子と出会い、全員その日のうちにエッチする事が出来た。

以下の写真がハッピーメールで出会った子とのリアルなLINEトークである。

リアルで会ったら見た目が純粋で、かなり可愛かった。

その後、いつも一緒にナンパする仲の良い友人にハッピーメールを勧めたところ、彼も実際に成果を出していた。

なんとその友人は1ヶ月で10人も好みの女性と出会ってヤレたらしく、彼はすっかりナンパからハッピーメールにハマってしまっていた。

とにかく可愛い女の子と今すぐヤリたいっていう方は、ナンパをするよりハッピーメールをやって女の子を捕まえる方が断然早い。

ハッピーメールはたったの1分程で無料登録する事が出来る。

まずは下記のプロフィール画面に必要事項を入れよう。
※18歳未満は利用不可。

あとは悪質防止のための電話認証と暗証番号を設定すれば登録完了だ。

暗証番号の設定

登録完了後は『掲示板検索』という所から好みの女性を絞り込む。

そうすることでタイプな女性を見つけてはメッセージを送り、繋がる事が出来る。

男性は無料登録直後、自動的に無料ポイントが付いてくるので、一切お金を掛けずに女性と会ってヤる事が可能!

少しでも気になった方は以下をクリックし、無料で試してみよう。

この記事が参考になりましたらシェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です